子供 女の子 産毛

子供の女の子の産毛処理について

 

子供の女の子の場合、特に口の周りの産毛をヒゲだと男の子からからかわれ、ショックを受けてしまうことが少なくありません。

 

普段は口の周りの産毛の悩みですが、プールに入る時期になると、背中や脇の産毛に悩む女の子が増えます。

 

最近は、男の子でも産毛は深刻な悩みの一つ。

 

 

産毛処理の方法には、カミソリ、電気シェーバー、クリームなどがありまが、このページでは、子供の女の子でも使える産毛対策用のクリームを3つ厳選してご紹介します。

 

ただ、産毛処理クリームは成人用で、子供用として売られている商品はありません。

 

成人を対象とした方が売れる本数が多いですから。

 

しかし、成人用でも子供が使える産毛対策用のクリームがあります。

 

これだと親娘で使えますよ。

 

なお、いずれもメーカーに問い合わせて、子供が使えることを確認しています。

 

念のため、パッチテストをしての使用をおすすめします。

 

パッチテストの簡単な方法は、最後の方に書いています。

 

 

子供の女の子でも使える産毛処理クリーム

ノイス(NOISU)

 

商 品 名

ノイス(NOISU)

メーカー名

株式会社スタジオライン

特  徴

・タンパク質分解酵素と3つのダイズパワーでムダ毛ケア
・肌にやさしい植物由来の成分
・処理後の肌をやさしくいたわる
・徹底保湿
・毛穴の黒ずみ*を防ぎ明るい肌へ
*メラニンを含んだ古い角質による黒ずみ

価  格

通常価格:8,500円(税別) 送料無料(沖縄・離島は除く)
定期コース:4,600円(税別) 送料無料(沖縄・離島は除く)
※定期コースはいつでもお休み・解約OK。
※2回目以降も4,600円

備  考

・22g/約1ヶ月分
・日本製
・無着色、無香料、無添加(パラペン、紫外線吸収剤、アルコール、金属、着色料)
・無期限の金額永久返金保証(定期コースのみ)
・勧誘の電話なし
・商品名の記載がない「無地梱包」で発送

詳しい説明・口コミ >>>


 

<補足>
ノイス(NOISU)の公式サイトを見ると、「女性ホルモン」という言葉が書かれていますが、子供の女の子が使っても問題はありません。

 

脱毛サロンでも使用されているフィリニーブという成分が、産毛の成長をおさえます。

 

カミソリで産毛を処理した後の毛穴を引きしめ、乾燥による毛穴の目立ちを予防します。

 

 

ディミヌ(dim.)

 

商 品 名

ディミヌ(dim.)
ディミヌ フェイシャルスキン タイムコントロールエッセンス

メーカー名

株式会社フューチャーゲート

特  徴

・細胞を休眠させる休眠物質「IBR-ドルミン」配合
・5つの大豆由来エキス配合
・プロテオグリカン、セラミドなどの最先端の高保湿成分配合し口元のスキンケアをおこなう
・天然精油の香りからも女性らしさにアプローチ

価  格

単品通常価格:8,980円(税込)→3,890円(税込) 送料無料
定期コース:初回2,890円(税込) 送料無料
※1回だけ試してみる場合は3,890円、最初から定期コースで購入する場合は2,890円
※いずれも2回目以降4,890円(税込) 送料無料
※いつでも休止OK(次回発送の10日前までに連絡)

備  考

・20g/約1ヶ月分
・日本製
・無添加(石油系界面活性剤、パラベン、エタノール、鉱物油、合成香料、合成着色料、動物性原料、紫外線吸収剤、シリコン、サルフェート)
・14日間全額返金保証

詳しい説明・口コミ >>>


 

<補足>
フサザキスイセンの球根からとった「IBR-ドルミン」が、産毛の成長速度をゆるやかにします。

 

美容成分がたくさん配合されていますので、ディミヌ(dim.)は、産毛対策美容液と言えます。

 

 

コントロールジェルME

 

商 品 名

コントロールジェルME

メーカー名

キレイShop

特  徴

・痛み、刺激、臭いなし、塗るだけ簡単
・敏感肌の方でも、顔と全身に使え、汗ばんでもサラっとしている使用感
・肌にやさしいムダ毛対策ジェル

価  格

通常価格:6,980円(税込)
初めて購入する場合 6,980円→5,300円(税込)
※単品で購入後、定期コースの案内があります(定期:1本税込6,000円)。

備  考

・150mL/約1ヶ月分
・日本製
・5つのフリー(合成界面活性剤、人工ジェル化剤、シリコン、人工着色料、香料)
・60日間の全額返金保証
・発送伝票や梱包箱に商品名の記載なし

詳しい説明・口コミ >>>


 

<補足>
子供の女の子から成人女性までスポットをあてている商品は、「コントロールジェルME」だけです。

 

赤ちゃんでも使うことができますが、子供の女の子場合、3歳、4歳から使う方が多いようです。

 

 

産毛処理クリームの価格を比較

子供の女の子でも使える産毛処理クリームを3品ご紹介しました。

 

詳細はそれぞれの公式サイトをご覧ください。

 

ちなみに、売れている順は、コントロールジェルME >ノイス(NOISU)>ディミヌ(dim.)です。

 

最終的には価格だと思いますので、3品の価格が見比べられるようにしておきます。

 

 

コントロールジェルME ノイス(NOISU) ディミヌ(dim.)
単品通常価格

6,980円(税込)
初回限定 5,300円(税込)

8,500円(税別)

8,980円(税込)
初回限定 3,890円(税込)

定期コース価格

6,000円(税込)
単品購入後定期コースの案内あり

4,600円(税別)

2回目以降 4,600円(税別)

初回限定 2,890円(税込)

2回目以降 4,890円(税込)

 

 

パッチテストの簡単な方法

 

腕(二の腕)の内側に10円玉ほどの量をぬって24時間ようすをみます。

 

この間、ぬった部分をぬらさないようにしましょう。

 

または、傷などしたときはる絆創膏(ばんそうこう)に10円玉ほどの量をぬって、腕の内側にはり、24時間〜48時間ようすをみます。

 

いずれも、ぬったあとが赤くなったり、かゆくなったりしなかったらOKです。

 

 

子供の女の子の産毛処理クリームの使い方

子供の女の子の産毛処理クリーム・ローションは、抑毛(よくもう)タイプです。

 

抑毛剤が、毛を徐々に細く・やわらかくしていき、毛の成長をおさえていきます。

 

ただ、効果を実感できるまでは1ヵ月〜3ヵ月かかりますので、使い続ける必要があります。

 

ですので、きれいになるまでは、時々、カミソリやシェーバーを併用します。

 

抑毛剤の効果があらわれてきたら、カミソリやシェーバーを使用する回数が減りますので、弱い子供の肌の産毛には、除毛剤より抑毛剤の方が適しています。

 

<いつ使うか>
1日2回、朝と夜に使うと効果的です。

 

洗顔した後や、お風呂上がりに、他の化粧品を使う前にぬります。

 

 

page top